赤い色をした野菜と言えば何を思い浮かべますか?よく考えてみると、結構出てくると思いませんか?さて、それでは赤い色の野菜をご紹介していきましょう。一緒にその効果などもチェックしてみてくださいね。

トマト

真っ赤なトマトの色というのは「リコピン」という成分の作用です。リコピンは抗酸化作用をもった成分で、体内の余分な活性酸素を除去してくれる効果があります。抗酸化作用によって、ガン・動脈硬化の予防が出来る事が分かっていますので、積極的に食べたい野菜の1つです。

その他にも、ビタミンC・ビタミンB6・カリウム・カロテン・ルチンなどが含まれています。

唐辛子

薬味や香りづけなどで使用する事が多い唐辛子ですが、辛いと感じる元は「カプサイシン」という成分が作用しています。カプサイシンは、体を温めると言われています。その理由は、血流が良くなる効果があるからです。さらに消化吸収をしやすくする効果もあり、代謝がよくなることから、ダイエットに効果的だとされています。

その他に、ビタミンC・カロテンなどが含まれています。

赤ピーマン

一般的なピーマンを完熟の状態までもってきたものを、赤ピーマンと呼びます。ビタミンCがとても豊富なので、美容効果があるとされています。

また、血液がサラサラになるので、心臓病や脳の病気への予防も期待されています。カロテンもかなりたくさん含まれているので、抗酸化作用を発揮してくれます。美肌や疲労回復の効果を実感することが出来るでしょう。

その他に、ビタミンE・ビタミンP・カリウムなどが含まれています。

赤色野菜の色素成分

リコピン・カプサイシン・ゼアキサンチンといった色素成分を含んでいる赤色野菜ですが、これらの成分にはとても大きな役割があります。

リコピン

ガンの予防・動脈硬化・美白効果

カプサイシン

ガンの予防・動脈硬化・アンチエイジング

ゼアキサンチン

加齢による眼病予防・ガン予防

これらは、赤色野菜の色素成分の効果です。とても体に良い成分なので、たくさん食べていきたいですね!