食べて摂取するには、限界がある野菜ですが、青汁を飲むことで、野菜を食べた時と同じような栄養素を摂取できるのか、気になりますよね。もしも、青汁で野菜の栄養素をたっぷり摂取できるのであれば、手軽に飲める青汁は優秀だと考えられます。

そこで、青汁とはどのような効果や効能を持っているのか、どんな原材料を使用しているのか、ご紹介していきたいと思います。

青汁の基本的な情報

青汁の原材料

多くの青汁製品で使用されているのが【ケール】【明日葉】【大麦若葉】といった緑色の葉物野菜です。色々な青汁メーカーがありますが、1種だけを使用していることもあれば、ケールと明日葉を使用しているなど、組み合わせている場合もあります。

青汁の摂取方法

一般的に青汁は飲むものというイメージがあると思います。その通りで1番人気があり、1番出回っているのが、粉末になった青汁を水で溶かして飲むという摂取方法です。その他に、錠剤やカプセルになっているサプリメントタイプの青汁もありますので、作る手間を感じないで飲むこともできます。

青汁の優秀成分

青汁には、とても強い抗酸化作用があります。体の中に溜まっている活性酸素を除去し、細胞の劣化を予防してくれる効果があるのです。

青汁の効果と効能

健康効果

コレステロールの抑制に力を発揮してくれるので、メタボの予防に繋がります。血流を良くしてくれる効果もあるので、体の巡りがよくなっていきます。食物繊維の効能で、便秘の解消にも役立つとされていますので、女性にも人気があります。

美容効果

食物繊維や抗酸化作用によって、アンチエイジングケアができます。肌のトラブルも改善してくことができ、体の中からキレイにしていくことで、美肌を取り戻す事が可能です。肌荒れやシミなどで悩んでいる人は、青汁を飲んで悩み解消に繋がったと言う人は少なくありません。

このように、青汁は健康面や美容面で効果を実感することができる補助食品ということが言えるでしょう。野菜で補え切れない部分を、青汁に頼るのは間違ってはいないと言う事ですね。